サンエー化研の採用情報
ウチの会社は、君の自由に営業できるぞ!
本社・東京営業(2006年入社)
サンエー化研 先輩からのメッセージ入社直後に上司に言われたのが、この言葉です。仕事を覚えるにつれ、この言葉が大きな意味を持っていることに気づきました。
私たちの仕事は専門的・技術的な知識と経験を身につける必要があります。その知識や経験から、自分で新しく仕事を創造していくことも出来るのです。
現在は十数社の顧客を担当し仕事に追われる毎日ですが、営業の先輩たち、工場や研究所の方たちに支えられながら、自由に仕事をさせてもらっています。もちろん、スケジュール管理も各人の責任ですから…。
これからどんどん仕事を創造して、日本全国を飛び回ります。そして、世界を飛び回れるように、常に上を目指していきたいですね。
サンエー化研 先輩の仕事風景
大学の専攻分野と違う仕事に、とても苦労しましたが……
研究所・研究室(2009年入社)
サンエー化研 先輩からのメッセージ工場研修の後、研究所の機能性材料部門“サニテクト・グループ”に配属となりました。
現在は日々研究開発に取り組んでいますが、大学で専攻していた分野と違う分野の仕事のため、配属後しばらくは分からないことだらけで、いろいろと苦労したこともありました。しかし、研究所は上司や先輩方にとても話しやすい雰囲気があるため、個人のやる気や向上心次第で成長できる環境だと思います。今ではいくつかの研究テーマを担当しています。研究開発はスピードが非常に重要になってくるため、納期に追われて忙しい時期もあります。それでも、自分の目標に向けて着実に前進している時、大きなやりがいを感じることができます。
自分の手がけた製品をたくさんの人や企業に使ってもらえるよう、これからも研究開発に励んでいこうと思っています。
サンエー化研 先輩の仕事風景
お客様のニーズにピントが合った時、達成感を感じます!
関西支店・関西営業(2003年入社)
サンエー化研 先輩からのメッセージ私は関西支店の機能性材料部門に所属し、主に表面保護フィルムを中心に営業活動を行っています。
お客様のニーズは、めまぐるしいスピードで日々変化しています。そのため、お客様のニーズにお応えできるよう、自分自身も努力する必要があります。営業活動の中で、お客様のニーズにぴったりピントを合わせられた時は「やった!」という達成感を味わうことができます。
また、この業界は新規開拓のチャンスに恵まれている一方、その分劣勢を強いられることも多く、チャンスとピンチが常に隣り合わせになっています。いつも緊張感を感じながら悪戦苦闘している毎日ですが、お客様からの要望を直接製品作りに反映できるという点に、とても“やりがい”を感じています。
失敗もたくさんありますが、それを恐れずチャレンジする営業活動を心がけています。
サンエー化研 先輩の仕事風景
「こういうことにトライしたい」と相談すると、上司は快くOKしてくれた!
研究所・研究室(2008年入社)
サンエー化研 先輩からのメッセージ入社し、工場研修が終了後、研究所に配属となりました。
最初の頃は上司や先輩の指示に従いながら仕事をしていましたが、徐々に主体的に動くように努力した結果、かなり早い時期に「こういうことを試してみたい」と上司に相談すると、快くOKしてもらえたことが印象的でした。
サンエー化研は仕事に対する各自の裁量権が非常に大きく、自分の考え方・やり方で主体的に仕事を進めることができます。とは言っても、放任されるようなことは決してなく、常に上司や先輩が仕事の進捗状況を気にかけてくれているため、困ったことがあればアドバイスやフォローをしてくれます。
自分のやり方で自由に仕事を進めながらも、上司・先輩から十分なバックアップをしてもらえることが、サンエー化研の大きな魅力だと思います。
サンエー化研 先輩の仕事風景
入社後の失敗談「スケジュ−ルの組み方が悪くて……」
本社・東京営業(2006年入社)
サンエー化研 先輩からのメッセージ営業活動を始めたばかりの時に苦労したのが、スケジュ−ルの組み方です。あるお客様との話が長引いてしまいました。もともとびっしりとスケジュ−ルを入れていたため、その後の訪問が次々に遅くなってしまい、お客様にご迷惑をおかけしてしまったことがありました。やはり、移動時間や訪問時間に余裕を持ってスケジュ−ルを立てることが大切ですね。
営業の仕事は自分でスケジュ−ルを調整して、自分が思ったように仕事をすることができます。ただ新規案件のお客様を担当して新規開発商品に携わることもあるので、時には失敗もありますが(笑)。でも、大変やりがいのある仕事だと思います。
サンエー化研 先輩の仕事風景
 
 
ページトップへ
ページトップへ ページトップへ