サンエー化研のコアテクノロジー
エアロテクト

空気を利用した緩衝材。エアロテクト

大切な商品を、傷つけることなく、きれいな状態で輸送したい。しかも、環境に優しいパッケージが欲しい…。
そのようなニーズにお応えして開発されたのが、次世代型緩衝包装システム『エアロテクト』。
空気を利用した緩衝材のため、不定型品にもピッタリとフィットし、商品を保護します。また、商品が見える包装のため、外部から容易に商品の状態を確認することができます。
もちろん、自動個包装のため、包装時間が短縮でき、在庫スペースの削減が図れます。
サンエー化研の技術力を結集して誕生した、世界初のエアー緩衝材『エアロテクト』。次世代型緩衝材が、流通業界の効率化と発展に大きく貢献しています。

エアロテクトができるまで
● 特 徴
エアー利用のため、不定型品もしっかりガードします。
中身が見えるシースルーパッケージ。
商品包装→エアー注入→ヒートシールの自動個包装です。
各エアー層を独立させた、安心設計。
包装時間の短縮化と、在庫スペースの削減が図れます。
エアー充填機とのシステム販売です。
サンネージ
現代はグローバル化の時代。日本で製造された商品などが、世界各国に輸出されています。もちろん、諸外国からも多くの商品が日本に輸入されています。
その輸送方法は、陸路・海路・空輸など様々です。どの方法でも、積み荷同士のすき間があいたり、積み荷が動くことがあります。そのような時に威力を発揮するのが『サンネージ』です。
サンネージは、コンテナや船舶、貨物車、トラックなどの積み荷のすき間に挿入し、特殊安全弁から空気を注入するだけで積み荷を安定させ、輸送中の荷崩れや荷痛みを防ぐ、ダンネージ材。市販のブロアなどを使用すれば、簡単に短時間で空気を入れることができます。また荷受け側はチャックを外すことで、簡単に空気を抜き、簡単に取り外すことができるため、作業スペースが確保でき、スピーディーに作業を行うことができます。
もちろん、繰り返して使用できるため、流通コストの削減にもつながります。
サンネージの使い方
 
● 特 徴
製袋ラインの自動化によりコストダウンを実現しました。 特殊安全弁
内袋は、機密性に優れたナイロンポリチューブを使用しています。
本袋は、外袋+内袋の堅牢な二重構造。更に、外袋は紙と2軸メッシュをラミネートした、特殊シートで覆い、強度を大幅にアップしています。
特殊安全弁は、プラスチック成型品のように、かさばらない二重安全方式の特殊ファスナーとナイロンポリ加工弁を採用しています(写真上)。
空気の注入・脱気には、市販のブロアが使用できるため、専用ノズルは不要。利便性を大幅にアップしました。