『マジック』という言葉から、皆様は何を連想されますか?
不思議なこと、あっと驚くこと…などなど。多くの方は魔法や手品、奇術などをすぐに思い出されることでしょう。
「種も仕掛けもありません」という言葉でお馴染みのマジックには、実は多くの種や仕掛けが隠されています。その種や仕掛けも時代とともに変化し、それらにマジシャンが知恵と最先端の技術という付加価値をプラスして演出されるのが、マジックです。
つまり、種や仕掛け+付加価値が、マジックを生み出していることになります。
このように考えると、マジックも奥深いことが分かります。私たちが本業とするフィルムの業界も奥深いもの。そこにも、実は種があります。
私たちは、その種こそ、テクノロジーと考えています。
私たち・サンエー化研は、開発に携わる社員はもちろん、生産・営業・事務部門に至るまで、フィルム大好き人間の集団です。
社員全員が肩肘張らず、「こんなフィルムがあったらいいな!」という発想の下、新しいフィルムづくりに励んでいます。
私たちが作り出すフィルムを使っていただける方々に、「あっ、これってスゴイ! 不思議だなぁ」と思っていただくこと。そして、そのフィルムが産業界ばかりでなく、日常生活の中でもお役に立つ製品であることが、私たちの願いであり、製品開発の原動力です。
そのような開発思想から生まれる新技術が、新製品へ、そして新分野へと発展していくものと確信しています。
私たちはこれからもコアテクノロジーを技術の種に、固定概念にとらわれない、新しい付加価値を持ったフィルム製品に取り組んでまいります。フィルム業界に魔法という旋風を巻き起こす『Film Magic ! 』こそ、常に半歩先を歩み続ける、私たち・サンエー化研の新戦略です。
 
※『フィルムコンバーター』とは現在、製造されている多くのプラスチックフィルムをベースに、ラミネート技術・コーティング技術などを駆使して、様々な新しい機能を付加したフィルムづくりのことを言います。